米中閣僚級交渉 貿易摩擦解消に向け交渉大詰め

(NHK) アメリカと中国の貿易摩擦の解消を目指す閣僚級交渉が北京で始まり、交渉が長期化する中、トランプ大統領が目指す首脳会談での最終的な合意に向けて、米中双方がどのような手を打つのか注目されます。
米中閣僚級交渉 貿易摩擦解消に向け交渉大詰め - ảnh 1      (写真: THX/TTXVN)

米中両国の貿易摩擦の解消を目指す閣僚級の交渉は、30日から北京で行われ、日本時間午後、アメリカのライトハイザー通商代表とムニューシン財務長官が北京に到着しました。交渉は1日までの予定で、中国側からは劉鶴副首相が出席します。

これまでの交渉では、アメリカが、中国からの輸入品に課している高い関税について、中国は、交渉合意後、直ちに撤廃するよう求めていますが、アメリカは、中国に合意内容を守らせるため、制裁措置を続けたい考えです。

トランプ大統領は、習近平国家主席との首脳会談で最終的な合意を目指す意向で、ムニューシン財務長官は29日、交渉が最終局面にあるという認識を示しています。

ただ、中国側は、アメリカが中国からの輸入品に一方的に制裁措置を課すことは容認できず、首脳会談の開催に向けた調整は、予断を許さない状況です。

両国は、来週もワシントンで交渉を継続する予定で、交渉が長期化する中、双方がどのような手を打つのか注目されます。


ご感想

他の情報