米中閣僚級協議 来週も継続へ

(NHK) -28日から北京で行われていたアメリカと中国の貿易問題をめぐる閣僚級の交渉が終わりました。双方の間には、アメリカが中国からの輸入品に高い関税を課す制裁措置などをめぐって隔たりがあるとみられ、来週もワシントンで交渉を継続することになりました。
先月下旬のワシントンでの開催以来、およそ1か月ぶりとなるアメリカと中国の閣僚級の交渉は28日から北京で行われ、中国の劉鶴副首相とアメリカのライトハイザー通商代表、それにムニューシン財務長官が出席しました。
交渉の終了後、ムニューシン財務長官はツイッターに「建設的な会議だった。来週ワシントンに劉鶴副首相を迎え、重要な議論を続けることに期待している」と書き込み、来週も交渉を継続するとしています。
ただ、アメリカが中国からの輸入品に高い関税を課す制裁措置をめぐっては、中国側が合意後、直ちに解除するよう求めているのに対して、アメリカ側は中国が合意を守るかどうかを見極める必要があるとして、解除に慎重な姿勢を崩していません。
トランプ大統領は習近平国家主席との首脳会談で、貿易問題の最終的な合意を図りたい意向ですが、会談が実現する見通しは立っておらず、来週の交渉で双方がどこまで歩み寄れるのかが焦点となりそうです。

ご感想

他の情報