米副大統領、朝鮮をけん制発言

[ロイター] - 朝鮮民主主義人民共和国の韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官は、定期的にミサイル発射実験を続けるほか、アメリカが軍事的な行動に出れば「全面戦争」を招くと警告しました。BBCが17日、インタビュー中の発言として伝えました。

BBCによりますと、同次官は「週、月、年ベースでさらなるミサイル実験を行う」と言明しました。「アメリカが軍事的手段を活用するほど向こう見ずな態度に出れば、まさにその日から全面戦争(が始まること)を意味することになる」と述べました。

核兵器で、アメリカの軍事的脅威から自国を防衛すると確信しているとも語ったといいます。

一方、アジア歴訪中のペンス副大統領は17日、朝鮮民主主義人民共和国に対しトランプ米大統領の行動と意思に留意すべきと警告しました。

「世界はこの2週間に、シリアやアフガニスタンでとった行動を通じて、トランプ米大統領の強さと決意を目の当たりにした。朝鮮民主主義人民共和国は、トランプ大統領の決意や、この地域における米軍の強さを試すようなことはしないほうが賢明だ」。ペンス副大統領は、韓国で黄教安・大統領代行との会談後、共同記者会見でそう語りました。

ペンス副大統領と黄大統領代行は、朝鮮民主主義人民共和国による一段のミサイル発射や核実験を容認しないとの姿勢を強調しました。共同会見では、韓国に米軍の新型迎撃ミサイルTHAAD(サード)を配備する計画を進めることを確認し、配備に反発する中国が韓国に対し報復的な行動をとっていることについて遺憾の意を示しました。

ご感想

他の情報