米国務長官「朝鮮の非核化はキム委員長が約束したこと」

(NHK) 朝鮮民主主義人民共和国がアメリカとの非核化をめぐる交渉の中断を警告したことについて、アメリカのポンペイオ国務長官は「朝鮮民主主義人民共和国の非核化はキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長がみずから約束したことだ」と述べ、朝鮮民主主義人民共和国に対して、交渉に応じるよう呼びかけました。

米国務長官「朝鮮の非核化はキム委員長が約束したこと」 - ảnh 1   ポンペイオ国務長官(写真:AFP/TTXVN)

朝鮮民主主義人民共和国のチェ・ソニ外務次官は15日、外国のメディアなどを集めた会見で、「アメリカの要求にいかなる譲歩をするつもりもない」と述べ、非核化をめぐる交渉の中断を検討していると警告しました。

これについて、アメリカのポンペイオ国務長官は15日、ワシントンで会見し、「非核化はキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が首脳会談で約束したことだ。外務次官の会見を見たが、交渉を続ける可能性を残しており、アメリカも交渉したいと思っている」と述べ、朝鮮民主主義人民共和国に対して、交渉に応じるよう呼びかけました。

また、「朝鮮民主主義人民共和国は核やミサイルの実験を再開するのではないか」と記者から問われると、ポンペイオ長官は「キム委員長は実験を再開しないとトランプ大統領に、直接、何度も約束しているので、その約束を守ると思っている」と述べ、朝鮮民主主義人民共和国が緊張を高める行動に出ないようくぎを刺しました。

2回目の米朝首脳会談が物別れに終わったあとも、アメリカは非核化をめぐる交渉を再開したい考えを繰り返し示していますが、朝鮮民主主義人民共和国はアメリカの対応に不満を見せており、今後の交渉の行方は不透明な情勢です。


ご感想

他の情報