米国防総省“朝鮮発射の飛しょう体は複数の弾道ミサイル”

(NHK) 朝鮮民主主義人民共和国が9日に再び発射した飛しょう体についてアメリカ国防総省は、複数の弾道ミサイルだったとする分析結果を明らかにしました。国連の制裁決議は朝鮮民主主義人民共和国に弾道ミサイル技術を使ったあらゆる発射を禁じており、制裁決議に違反する可能性があります。

米国防総省“朝鮮発射の飛しょう体は複数の弾道ミサイル” - ảnh 1     (写真:AFP/TTXVN)

朝鮮民主主義人民共和国は9日、今月4日に続いて再び飛しょう体を発射し、米韓両軍が詳しい分析を進めています。

アメリカ国防総省は9日、声明を発表し、発射されたのは複数の弾道ミサイルだとの分析結果を明らかにしました。

また、声明によりますと、ミサイルは朝鮮民主主義人民共和国北西部から東に向かって発射され、300キロ余り飛行したあと海上に落下したということです。

朝鮮民主主義人民共和国は初めての米朝首脳会談が調整されていた去年4月、核実験とICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験を中止すると表明しました。

また、ポンペイオ国務長官も今月4日に朝鮮民主主義人民共和国が飛しょう体を発射したことを受けて答えたメディアのインタビューに対し、朝鮮民主主義人民共和国が中止の対象としているのはアメリカにとって脅威となるICBMとの認識を示しています。

ただ、国連の制裁決議は朝鮮民主主義人民共和国に弾道ミサイル技術を使ったあらゆる発射を禁じており、今回、弾道ミサイルだったとするアメリカ軍の分析結果が出たことで制裁決議に違反する可能性があります。


ご感想

他の情報