米国 朝鮮民主主義人民共和国非核化へ高官レベル協議急ぐ

(NHK)アメリカのトランプ大統領は、朝鮮民主主義人民共和国のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長と史上初の米朝首脳会談を行い、朝鮮半島の完全な非核化への決意を確認したとする一方、その具体的な行動や検証方法では合意できませんでした。
米国 朝鮮民主主義人民共和国非核化へ高官レベル協議急ぐ - ảnh 1      (写真:YONHAP/ TTXVN)

トランプ大統領は今後、朝鮮民主主義人民共和国と高官レベルで非核化をめぐる協議を急ぎ、成果につなげたい考えです。

トランプ大統領とキム委員長は12日、シンガポールの高級ホテルで史上初の米朝首脳会談に臨み、共同声明に署名しました。
共同声明では朝鮮半島の完全な非核化への決意を確認したとする一方、焦点となっていた、非核化に向けた具体的な行動や検証方法、期限は盛り込まれませんでした。
また、朝鮮民主主義人民共和国が求める体制の保証については「トランプ大統領が体制の保証を提供する約束をする」としたものの、その第1歩となると見られていた朝鮮戦争の終結宣言までは踏み込みませんでした。
アメリカとしては非核化をめぐる合意が原則論を確認するにとどまったことから、その見返りとなる体制の保証についても具体的に踏み込むことは避けたと受け止められています。

一方、共同声明で米朝双方は、首脳会談の成果を実行に移すため、可能なかぎり速やかに政府高官による交渉を行うとしていて、トランプ大統領は記者会見で、来週にも、ポンペイオ国務長官と安全保障政策担当のボルトン大統領補佐官が、朝鮮民主主義人民共和国側と協議するとの見通しを示しました。

ご感想

他の情報