米報道官、米ロ首脳会談「数日中に結論」

アメリカ・ホワイトハウスの報道官は5日、ロシア政府がCIA元職員の一時亡命を認めたことで中止も示唆した来月の米ロ首脳会談について、「数日中に結論を出す」との見通しを示しました。


米報道官、米ロ首脳会談「数日中に結論」  - ảnh 1

アメリカ政府は、米ロ首脳会談は、9月5日、6日に開かれるG20=20か国・地域首脳会議に先立ちモスクワで開かれるとすでに発表していましたが、ロ シア政府がCIA元職員、スノーデン氏の一時亡命を受け入れたことに猛反発。「有益性を見極めている」と出席とりやめの可能性を示唆していました。

カーニー報道官は、オバマ大統領がG20に出席する計画に「変更はない」とする一方で、米ロ間にはスノーデン氏問題だけでなくシリア問題への対応を含めて 意見が異なる課題があるとし、「米ロ首脳会談を開く有益性を見極めたうえで、数日以内に結論を公表する」と述べました。

アメリカ政府は9日にワシントンで予定していた米ロによる外務・防衛閣僚級協議の開催についても、まだ結論を出していません。

ご感想

他の情報