米大統領、フィリピン、マレーシアなど歴訪へ アジア重視戦略の一環

 米大統領、フィリピン、マレーシアなど歴訪へ アジア重視戦略の一環 - ảnh 1
写真提供:Latimes

(共同)米ホワイトハウスは26日、オバマ大統領が11月14日から22日までの日程でトルコ、フィリピン、マレーシアを歴訪すると正式発表しました。

トルコでは20カ国・地域(G20)首脳会合に出席し、持続可能でバランスの取れた世界経済の成長実現に向けた国際的な努力を呼び掛ける方針です。

その後、フィリピンで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議、マレーシアでの東アジアサミットに出席し、アジア重視戦略を推進する姿勢をあらためて打ち出したい考えです。

ご感想

他の情報