米大統領、ベトナムの学生らと交流

米大統領、ベトナムの学生らと交流 - ảnh 1


24日 午前、ハノイの国家会議センターで、オバマ大統領は学生、生徒、知識人、及び、ハノイ市民と交流し、演説を行ないました。

その冒頭で、オバマ大統領は自分に対するベトナム共産党、政府の暖かい気持ちに感謝の意を表明すると共に、ベトナム歴史や、アメリカとベトナムとのこれまでの絆について触れました。オバ マ大統領は次のように語りました。

(テープ)

「この前に、両国間には戦争が発生しました。しかし、現在、両国は地雷不発弾の除去、ダイオキシンの消毒など戦争後遺症を克服するためのプロジェクトの実施のために協力しています。我々はベトナムをできる限り支援します。両国間の和解プロセスがジョン・マケイン上院議員、ジョン・ケリー国務長官を始め、数多くのベトナム戦争帰還兵の努力により、スムーズに進められています。両国関係が貿易、投資、教育などの分野において発展 しています。私は両国関係を楽観視しています。」

一方、ベトナム東部海域(いわゆる南シナ海)での航行の安全に関して、オバマ大統領は次のように語りました。

(テープ)

「国際秩序が一定の基礎に築かれる必要があります。それぞれの国の主権が尊重すべきものです。大国が小国をいじめてはならず、対立は平和的に解決されるべきです。私達は東アジアと東南アジア協力が強化される地域体制を設置する必要があります。ベトナム東部海域問題に関して、私達は関係各国と協力して、航行と航空の自由を尊重する原則を守ります。」

 

ご感想

他の情報