米大統領選 クリントン氏が選挙運動本格化へ


米大統領選 クリントン氏が選挙運動本格化へ - ảnh 1
クリントン前国務長官(写真:AP)

来年行われるアメリカの大統領選挙に民主党のヒラリー・クリントン前国務長官が立候補を表明し、アメリカ初の女性大統領を目指して選挙運動を本格化させるとしています。
クリントン前国務長官は12日、インターネット上の動画で来年11月に行われる大統領選挙に立候補すると表明し、アメリカ初の女性大統領を目指す決意を示しました。この中でクリントン氏は「アメリカ国民は深刻な不況と闘っているが、富裕層に有利な状況が続いている」としたうえで、「一般の国民は擁護者を必要としており、私がそうなりたい」と述べ、所得格差の是正に努め中間層の支援に力を入れる考えを打ち出しました。民主党では、クリントン氏が世論調査で民主党支持者のおよそ60%の支持を集め、最有力候補とみられています。一方、8年ぶりの政権奪還を目指す共和党はすでに上院議員2人が立候補を表明したほか、ブッシュ前大統領の弟のジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事らが立候補の検討を進めています。
共和党は、クリントン氏が国務長官在任中に私用のメールアドレスを公務に使っていた問題などを追及する構えで、クリントン氏にとっては険しい道のりとなりそうです。

ご感想

他の情報