米大統領88年ぶりキューバに 「歴史的な訪問」

現職のアメリカ大統領として88年ぶりにキューバを訪れたオバマ大統領は、歴史的な訪問の初日、ローマ法王と共に両国の国交回復に向けた秘密交渉で仲介役を担ったキューバのカトリック教会のトップ、オルテガ枢機卿と面会しました。

米大統領88年ぶりキューバに 「歴史的な訪問」 - ảnh 1
(写真提供:ローター)

アメリカのオバマ大統領は20日、アメリカの現職大統領として88年ぶりにキューバを訪れ、大統領専用機がキューバの空港に着陸するとすぐに自身のツイッターで「キューバ、元気かい」とスペイン語で投稿し、歴史的な訪問を開始しました。

キューバ到着後、オバマ大統領は、首都ハバナで、現地のアメリカ大使館の職員らを前に「歴史的な訪問であり、キューバ市民と直接触れ合う歴史的な機会だ」と述べ、今回の訪問の意義を強調しました。

このあとオバマ大統領は、ミシェル夫人と2人の娘を連れて旧市街にある大聖堂を訪れ、ローマ法王と共に両国の国交回復に向けた秘密交渉の仲介役を担ったキューバのカトリック教会のトップ、オルテガ枢機卿と面会し、キューバの人たちが置かれている状況などについて意見を交わしたものとみられます。

オバマ大統領は訪問2日目の21日に、ラウル・カストロ国家評議会議長と首脳会談を行うほか、22日には野球のキューバ代表とアメリカ大リーグの球団との親善試合を観戦するなど、新たな両国関係の到来をアピールする見通しです。

ご感想

他の情報