米大統領  朝鮮の飛しょう体発射に不快感

(NHK) アメリカのトランプ大統領は、朝鮮民主主義人民共和国が9日、再び飛しょう体を発射したことについて「誰も喜んでいない」と述べて不快感を示しました。そのうえで、「朝鮮民主主義人民共和国は交渉の準備ができていない」と述べ、非核化に向けた具体的な措置が十分ではないとして朝鮮民主主義人民共和国の出方を見極める考えを示しました。

朝鮮民主主義人民共和国は9日、今月4日に続いて再び飛しょう体を発射し、米韓両軍が詳しい分析を進めています。

これについて、トランプ大統領は9日、ホワイトハウスで記者団に対し、短距離ミサイルだったという見方を示したうえで、「とても深刻にとらえている。誰も喜んでいない」と述べ、不快感を示しました。

そして、「朝鮮民主主義人民共和国との関係は続いているが、どうなるか見てみよう」と述べ、対話の扉は引き続き開いているという認識を示しました。

そのうえで「朝鮮民主主義人民共和国が交渉をしたがっているのは分かっている。しかし、その準備ができているとは思わない」と述べ、非核化に向けた具体的な措置が十分ではないとして朝鮮民主主義人民共和国の出方を見極める考えを示しました。

朝鮮民主主義人民共和国が今月4日に発射した飛しょう体をめぐっては、専門家からは短距離弾道ミサイルだという指摘も出ていますが、弾道ミサイルだった場合、国連の制裁決議に違反する可能性があり、アメリカ軍などは慎重に分析を続けています。


ご感想

他の情報