米州、域内融合探る キューバ初参加し首脳会議開幕

米州、域内融合探る キューバ初参加し首脳会議開幕 - ảnh 1
米州首脳会議の開催場所(写真: AFP/TTXVN )

米州首脳会議が10日夜、中米パナマで開幕しました。これまでアメリカの意向で除外されていたキューバが初めて参加しました。アメリカとキューバの国交正常化交渉が進むなか、反米国も目立つ米州域内の融合を進める場にできるかが焦点となります。

11日までの日程で開く今回の会議では、域内の関係強化のほか、アメリカとキューバの国交正常化交渉について、各国首脳がどのような見解を述べるかが注目点となっています。

キューバは革命後の1962年に米州機構(OAS)の除名処分を受けたため、米州首脳会議にこれまで参加していませんでした。ただ反米国のベネズエラやニカラグアに加え、中立的な国の間でも参加を求める声が増加しました。2009年には除名が解除され、今回は議長国パナマが招待しました。

パナマのバレラ大統領は開幕式典で、米州の「すべての国の代表者がいる歴史的な会合だ。社会体制は違うが、課題への解決の道を共に探りたい」と述べました。

今回の首脳会議では「公平な繁栄」がテーマです。10日は開幕式と夕食会が開かれ、11日には各国首脳が演説を行うことになります。

ご感想

他の情報