米政権、対中制裁関税の最終リストを来月発表 再び強硬姿勢に

【AFP】ドナルド・トランプ政権は29日、中国による知的財産権の侵害などに対抗する貿易制裁をめぐり、新たな関税の対象となる輸入品の最終リストを6月15日に公表すると発表しました。
米政権、対中制裁関税の最終リストを来月発表 再び強硬姿勢に - ảnh 1        (写真:THX/TTXVN)

トランプ政権は3月に制裁関税を表明した後、発動を保留して交渉を進めてきましたが、再び方針を変えた格好です。中国政府は直ちに合意違反だと反発しました。貿易紛争の解決に向けた米代表団の訪中を控える中、ホワイトハウスは声明で、アメリカが持つ知的財産権の侵害に対抗する制裁は現在も立案作業が続けられていると説明しました。

投資規制やより厳格な輸出管理規制を6月30日に公表することも明らかにしました。トランプ大統領は声明の中で、中国に対する貿易制裁の最終承認する方向に動いていると表明しました。アメリカ側が以前から貿易分野で不満を表明していた事項を挙げながら、「今後、貿易関係が公正で互恵的になることを期待する」と述べました。

スティーブン・ムニューシン米財務長官は10日足らず前、中国産品に対する関税は「一時保留」すると述べ、貿易分野での対立の「休戦」を表明していました。

ご感想

他の情報