米政権、朝鮮民主主義人民共和国と「直接接触」 ティラーソン国務長官が明言

ワシントン(CNN) アメリカのティラーソン国務長官は30日、アメリカが朝鮮民主主義人民共和国と直接接触する経路を持ち、事態の鎮静化を目指していることを明言しました。訪問先の北京での記者会見で語りました。

米政権、朝鮮民主主義人民共和国と「直接接触」 ティラーソン国務長官が明言 - ảnh 1 国務省の報道官

(写真: washingtonexaminer.com)

ティラーソン氏は会見で、朝鮮民主主義人民共和国は核開発の完了前に対話することを望んでいるのかという質問に答え、「今探っているところだ」「対話したいかと問い掛けています。朝鮮民主主義人民共和国当局に通じる独自の直接経路が複数あり、暗闇の状態ではない」と述べました。

またアメリカ側の目標は対話による「平和的な解決」だと強調し、そのために直近の行動としては「事態を沈静化」させる必要があると指摘しました。「先方は過熱気味なので、まず落ち着かせることが必要だと思う」と語りました。

その中にトランプ米大統領の過激な発言を抑えることも含まれるかという質問には直接答えず、「全体的な状況が過熱気味だ。だれもが沈静化を望んでいると思う」「朝鮮民主主義人民共和国がミサイル発射をやめればかなり落ち着くだろう」との見方を示しました。

ティラーソン氏は北京で中国の習近平(シーチンピン)国家主席、王毅(ワンイー)外相らと朝鮮民主主義人民共和国情勢などをめぐって会談しました。11月に予定されるトランプ氏の訪中に向けた地ならしという目的もあります。

国務省の報道官は同日、「米外交当局は朝鮮民主主義人民共和国体制内部の当局者らと接触できる経路を持っている」と述べ、ティラーソン氏の発言を確認しました。

そのうえで、アメリカ側は現体制の崩壊や交代、南北統一の推進、軍事境界線を越える派兵などを目指してしていないと明言してきたものの、朝鮮民主主義人民共和国側が非核化へ向けた対話に応じる気配はないと語りました。

 

 

 

 

ご感想

他の情報