”米朝実務協議に米代表団を近く派遣” ポンペイオ国務長官

(NHK)今月末に開かれる2回目の米朝首脳会談を前に、アメリカのポンペイオ国務長官は朝鮮民主主義人民共和国との実務協議のため、アメリカの代表団をアジアに派遣すると明らかにし、首脳会談が迫る中、朝鮮民主主義人民共和国の非核化について米朝の隔たりを埋められるか注目されます。

”米朝実務協議に米代表団を近く派遣” ポンペイオ国務長官 - ảnh 1          (写真:AP)

ベトナムの首都ハノイで今月27日と28日に開かれる2回目の米朝首脳会談に向けては、先週、朝鮮民主主義人民共和国のピョンヤンでアメリカのビーガン特別代表と朝鮮民主主義人民共和国のキム・ヒョクチョル氏が実務協議を行いました。

これに関して、アメリカのポンペイオ国務長官は訪問先のポーランドで14日、FOXニュースのインタビューに応じ、朝鮮民主主義人民共和国と再び実務協議を行うため「アメリカのチームを一両日中にアジアに派遣する」と述べました。

ポンペイオ長官は実務協議の詳しい日程や開催場所は明らかにしませんでしたが、先週の協議の説明を受けた韓国政府は来週、アジアの第3国で行われると明らかにしています。

ビーガン特別代表らはまもなくアメリカを出発するものとみられ、首脳会談が迫る中、朝鮮民主主義人民共和国の非核化について米朝の隔たりを埋められるか注目されます。

ご感想

他の情報