米朝首脳会談が実現するか不明、非核化引き続き主張=トランプ大統領

[ロイター] - トランプ大統領は16日、朝鮮民主主義人民共和国の金正恩朝鮮労働党委員長との会談が実現するかは分からないとしながらも、朝鮮半島の非核化を主張し続けるとの立場を示しました。

米朝首脳会談が実現するか不明、非核化引き続き主張=トランプ大統領 - ảnh 1ホワイトハウスのサンダース報道官 (写真:AFP/TTXVN)

トランプ大統領は米朝首脳会談は実現するかとの記者団の質問に対し「様子を見る必要がある」とし、「何も決まっていない。われわれはまったく何の通達も受けていないし、何も聞いていない」と述べました。

ホワイトハウスのサンダース報道官は、米朝首脳会談の実現を引き続き期待するとの米政府の立場を表明しました。ただ、トランプ大統領は困難な交渉プロセスにも備えていると述べた。フォックスニュースのインタビューに応じました。

サンダース氏は「会談が開催されなければ、引き続き最大限の圧力を掛け続ける」とも述べました。朝鮮民主主義人民共和国側の発言については「あり得ない内容でない」との認識を示しました。

朝鮮民主主義人民共和国国営のKCNA=朝鮮中央通信は、米政府が朝鮮民主主義人民共和国の核プログラム放棄を一方的に主張し続けるならば、朝鮮民主主義人民共和国は米国との首脳会談開催を再考するかもしれない、と伝えました。

ご感想

他の情報