米朝首脳会談中止の理由は「朝鮮民主主義人民共和国側の相次ぐ約束違反」 米政府高官

【AFP】ドナルド・トランプ大統領が6月12日に予定されていた朝鮮民主主義人民共和国の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談を中止した理由は、朝鮮民主主義人民共和国側の相次ぐ約束違反だったと米政府高官が24日、明らかにしました。

米朝首脳会談中止の理由は「朝鮮民主主義人民共和国側の相次ぐ約束違反」 米政府高官 - ảnh 1          (写真:CNN)

ホワイトハウスの高官は匿名で「(朝鮮民主主義人民共和国側の)度重なる約束違反が米国をちゅうちょさせた」と述べました。

この高官は「トランプ大統領は可能な限り外交交渉を続けていく意向だ」と述べました。トランプ大統領は金委員長に宛てた会談の中止を伝える書簡の一言一句を口述筆記させたといいます。

高官は朝鮮民主主義人民共和国側がシンガポールで行われる予定だったアメリカ側との準備会合を無断欠席したことに言及し、「信義誠実の深刻な欠如」と指摘しました。「アメリカ側はひたすら待ったが北朝鮮側は姿を現さなかった。北朝鮮側は連絡すらよこさず、われわれに待ちぼうけを食らわせたのだ」と述べました。

ホワイトハウスは朝鮮民主主義人民共和国の米韓合同軍事演習に対する抗議と、南北閣僚級会談を突然中止したことも、朝鮮民主主義人民共和国が米朝首脳会談に向けて約束したことの違反とみなしています。

ご感想

他の情報