米朝首脳会談“北朝鮮の宿泊費 関係各国の間で調整”

(NHK)史上初めての開催が決まった米朝首脳会談について、アメリカのメディアは、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長ら北朝鮮の代表団の宿泊費が高額に上り、払えないおそれがあるため、誰が負担するのかなど関係各国の間で調整が進められていると伝えています。

 

米朝首脳会談“北朝鮮の宿泊費 関係各国の間で調整” - ảnh 1      SPのウン・エンヘン国防相

      (写真:AFP/TTXVN)  

アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウン委員長との史上初となる首脳会談について、今月12日にシンガポールで開催すると発表しました。

シンガポールでは、すでに双方の政府関係者が準備を進めていますが、アメリカの有力紙「ワシントン・ポスト」は1日、関係者の話として、キム委員長らの現地での宿泊費を誰が支払うか結論が出ていないと伝えています。

キム委員長ら北朝鮮側はシンガポールの最高級ホテルに宿泊することを検討しているとされ、一泊60万円以上の部屋も含まれているということですが、北朝鮮は外貨不足に悩まされているため支払いには外国からの支援が必要だとしています。

このため、アメリカ側が北朝鮮の費用を肩代わりすることを検討しているものの、これを北朝鮮が侮辱だと受け止める可能性があるほか、北朝鮮への経済制裁に抵触するおそれがあるという見方もあり、結論が出ていないということです。

このため、シンガポール政府が負担するという案も検討されているということで、首脳会談の実現に向けて関係各国の間で調整が進められています。


ご感想

他の情報