米朝首脳再会談「早期」で一致 米国務長官訪朝、金正恩氏と協議

【ソウル共同】ポンペオ米国務長官は7日、朝鮮民主主義人民共和国を訪問し、金正恩朝鮮労働党委員長と約2時間にわたり会談しました。

焦点だったトランプ大統領と金正恩氏の首脳再会談については韓国大統領府によりますと、なるべく早い時期の開催で一致しました。具体的な日程の合意には至らず、実務交渉団を立ち上げ今後協議します。同行の米政府当局者は米朝間で解決すべき課題が依然残っていると表明、非核化を巡る対立は解消されていないもようです。

米国務省は、金正恩氏がポンペオ氏に、坑道を爆破した豊渓里の核実験場への査察受け入れを伝えたと明らかにしました。

ポンペオ氏は7日夕、韓国で文在寅大統領に内容を説明しました。

ご感想

他の情報