米通商代表が来週 中国訪問予定、米メディアが報道

(VOVWORLD) -膠着している米中の貿易交渉について、アメリカのライトハイザー通商代表が交渉を再開させるため、来週29日に中国を訪れる予定だとアメリカのメディアが報じました。

米中の貿易交渉をめぐっては5月に決裂して以降、膠着状態に陥っていましたが、先月末の米中首脳会談で交渉を再開することで合意していました。

こうした中、アメリカのブルームバーグ通信は23日、ライトハイザー通商代表が対面での閣僚級の交渉を行うため、来週29日に中国を訪れる予定だと報じました。ライトハイザー代表は31日まで上海に滞在するということです。対面での閣僚級の交渉は先月末の首脳会談以降、初めてのことで、米中がどこまで歩み寄れるかが焦点となります。

一方、23日のニューヨーク株式市場は米中協議によって貿易摩擦が緩和されるのではとの期待感から買い注文が相次ぎ、ダウ平均株価は史上最高値に迫る2万7349ドルで取引を終えています。

ご感想

他の情報