米連邦航空局 イラン管轄の空域で米民間機の飛行禁止命令

(NHK) イランとの軍事的な緊張が高まっていることを受けて、アメリカのFAA=連邦航空局は民間の航空会社に対してイランが管轄するペルシャ湾とオマーン湾の空域で飛行を禁じる緊急命令を出しました。
米連邦航空局 イラン管轄の空域で米民間機の飛行禁止命令 - ảnh 1      (写真: AFP/TTXVN)

アメリカのFAA=連邦航空局は20日、NHKの取材に対し、ペルシャ湾とオマーン湾の上空のイランが管轄する空域について、アメリカの航空会社に飛行を禁じる緊急命令を出したことを明らかにしました。

この措置についてFAAは、アメリカの大型無人偵察機がイランの地対空ミサイルで撃墜されたことが原因だとして「軍事的な緊張で不測の事態が起きるおそれが高まっている」としています。

ロイター通信によりますと、FAAは別の通知で偵察機が撃墜された当時、周辺では多くの民間機が飛行していて、最も近いものはおよそ80キロほどの距離だったとしているということです。

また航空大手のユナイテッド航空がイラン情勢を受けてニューヨーク郊外のニューアーク空港とインド西部のムンバイを結ぶ便の運航を見合わせるということです。

FAAは飛行禁止の期間について「改めて通知するまで」としていて、イランをめぐる緊張が続けば影響が広がるおそれもありそうです。

ご感想

他の情報