米韓、米朝会談後に無期限で中止していた合同軍事演習を再開

【AFP】韓国とアメリカは5日、ドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による歴史的な会談後に無期限で中止されていた合同軍事演習を、小規模ながら再開しました。

米韓、米朝会談後に無期限で中止していた合同軍事演習を再開 - ảnh 1       (写真:YONHAP/ TTXVN)

トランプ大統領は6月、金委員長とシンガポールで会談し、「非常に挑発的」で巨額を要する韓国との合同軍事演習を中止すると約束しました。両国海兵隊による合同訓練も、無期限延期の対象に選ばれていた演習の一つでした。

韓国国防省によりますと、両国海兵隊から約500人が参加するKMEP=米韓海兵隊連合訓練は5日に再開され、2週間にわたって同国南部浦項で実施されるといいます。

同省の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は記者団に対し、「われわれは先にも、大隊レベルまたは小規模の演習は計画通りに実施すると言っていた」と説明しました。

ご感想

他の情報