米韓、軍事演習を開始

19日、アメリカ軍と韓国軍は朝鮮半島での有事に備えた合同軍事演習を始めました。演習にはアメリカ軍およそ3万人、韓国軍およそ5万人が参加し、さまざまな状況を想定して指揮命令系統の確認をするほか、自治体や企業も参加して非常事態に備えた訓練も行われます。

米韓、軍事演習を開始 - ảnh 1
(写真:Infonet)


これについて朝鮮民主主義人民共和国は、先月末に「実施されれば予測不能の戦争局面に陥る」などと反発していましたが、今月に入ってからは表立った反応を示していません。

北側は核開発を続ける考えを堅持しながらアメリカとの対話を模索する発言を繰り返しているうえ、韓国と共同で運営するケソン工業団地の操業再開に向けて合意する柔軟な姿勢を見せています。

こうしたことから北側は強硬な発言を自制しているともみられていて、19日から始まった米韓合同軍事演習に対して、今後、どのような反応を示すのか注目されています。

ご感想

他の情報