米韓首脳、会談


25日、訪韓中のオバマ米大統領は韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談しました。オバマ大統領は会談後の共同記者会見で、旧日本 軍の従軍慰安婦問題について「戦時中であっても、言語道断な人権侵害だ」と述べました。

米韓首脳、会談 - ảnh 1
会談後の記者会見に臨んだ米韓両首脳(写真:Tienphong)

また、「過去と共に未来を見つめ、過去の苦痛を拭い去る道を探ること が日韓両国民の利益だ」として、過去にとらわれず両国関係を前進させることの重要性を指摘しました。オバマ大統領が従軍慰安婦問題について見解を示したのは初めてです。

4回目の核実験の実行を示唆する朝鮮民主主義人民共和国について、両首脳は、核実験などの挑発行為を容認しないことや朝鮮半島の非核化について協力することを改めて確認しました。核・ミサイルによる脅威に対抗するため、日米韓3カ国による情報共有の重要性でも一致しました。

ご感想

他の情報