米韓高官が朝鮮問題で協議 首脳会談前に地ならし

(VOVWORLD) -28日、アメリカのビーガン朝鮮民主主義人民共和国担当特別代表と韓国の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長は、ソウルで会談しました。

膠着している米朝対話の再開に向けた方策を議論し、30日にソウルで予定するトランプ大統領と文在寅(ムン・ジェイン)大統領による米韓首脳会談の地ならしをしました。

聯合ニュースによりますと、会談の冒頭、李氏は中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の訪朝などを念頭に「最近、朝鮮半島に関する多くの外交活動があった。これを非核化と平和構築の進展に変える方法を議論したい」と発言しました。ビーガン氏は「今日の協議に期待する」と短く応じました。

ビーガン氏は27日に韓国入りしました。韓国には同氏が滞在中に朝鮮民主主義人民共和国を訪問するとの観測も一部あります。同日、地元メディアから「平壌に行くのか」と問われたビーガン氏は「(29日に訪韓する)ボス(ポンペオ米国務長官)に会いに来た」と答え、訪朝予定が無いことを示唆しました。

ご感想

他の情報