米 対中関税 10日に引き上げの方針 期限区切り中国と交渉へ

(VOVWORLD) -アメリカの通商代表部は中国との貿易交渉が難航しているとして、10日、今週金曜日に、中国からの2000億ドルの輸入品に対する関税を大幅に引き上げる方針を明らかにしました。

トランプ政権としては、10日という期限を区切って今週改めて中国との閣僚級の交渉に臨む方針です。

アメリカと中国の貿易交渉をめぐっては、アメリカ側が、去年12月の米中首脳会談で、中国からの2000億ドルの輸入品に上乗せしている関税を引き上げる方針をいったん棚上げしたうえで、貿易摩擦の解消を目指し話し合いを続けてきました。

アメリカの通商代表部は6日、中国との貿易交渉が難航しているとして、10日、今週金曜日に、中国からの2000億ドルの輸入品に対する関税を今の10%から25%に引き上げる方針を明らかにしました。

ロイター通信は、ライトハイザー通商代表が7日にも関税の引き上げを公式の文書で正式に通知する考えを示したと伝えています。

これに先立つ5日、トランプ大統領はツイッターへの投稿で「両国の貿易交渉は続いているが、遅すぎる」と投稿し、関税の引き上げに言及していました。

トランプ政権としては、10日という期限を区切って今週9日から中国との閣僚級の交渉に臨む方針で、実際に関税が引き上げられれば世界経済にとって再びリスクになりそうです。


ご感想

他の情報