米 朝鮮民主主義人民共和国にたばこなど輸出 中ロ拠点の企業に制裁

(NHK)アメリカ財務省は15日、国連安全保障理事会の制裁決議に反して朝鮮民主主義人民共和国にアルコールやたばこを輸出していたなどとして、中国やロシアを拠点とする企業などを制裁の対象に追加したと発表しました。

新たに制裁対象に加えられたのは、中国を拠点とする貿易会社とシンガポールにある関連会社、それにロシアの港湾施設関連会社とその代表者の3つの企業と個人1人です。

アメリカ財務省の発表によりますと、中国とシンガポールの会社は、国連安保理の制裁決議に反して朝鮮民主主義人民共和国にアルコールやたばこなどを輸出していたということです。

またロシアの会社は、制裁で規制されている石油精製品などを運んでいた朝鮮民主主義人民共和国の船舶に、少なくとも6回にわたり港湾サービスを提供したとしています。

制裁対象に加えられたことで、これらの企業や個人はアメリカ国内の資産が凍結され、アメリカ企業との取り引きが禁止されます。

今回の措置は、朝鮮民主主義人民共和国の核・ミサイル開発につながる資金の流れを断つことが狙いで、ムニューシン財務長官は「今後も、不法な取り引きを行い朝鮮民主主義人民共和国に利益をもたらす企業や船舶などは制裁対象に指定する」とコメントしています。

アメリカ財務省は今月3日にもロシアの銀行などを制裁対象に追加していて、ロシアや中国が朝鮮民主主義人民共和国への制裁の緩和を検討するよう主張する中、朝鮮民主主義人民共和国の完全な非核化が実現するまで制裁を続ける姿勢を崩していません。

関連ユース

ご感想

他の情報