「紛争が発生している地域での衝突防止」=ベトナム国防大臣

(VOVWORLD) - 2日午前、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議「シャングリラ会合」の討論会で、ベトナムのゴ・スアン・リック国防大臣は「紛争が発生している地域での衝突防止」と題するスピーチを発表しました。
「紛争が発生している地域での衝突防止」=ベトナム国防大臣 - ảnh 1        (写真:TTXVN)

その中で、これは時事的でありながら、長期的な問題であり、相違の縮小、衝突の抑制、平和で安定した環境の維持、アジア太平洋の繁栄、発展を目指すものであるとしています。リック大臣によりますと、関係各国は衝突や戦争につながる紛争の抑制、防止に力を尽くすとともに、国際法、独立、主権を尊重し、武力による威嚇又は武力の行使をせず、互恵を基礎とする協力を模索し、信頼醸成を進めなければなりません。リック大臣は次のように語りました。

(テープ)

「ベトナムはいつも平和、安定、協力、発展、繁栄を願っています。また、国防の目的は独立、主権、国益、平和を防衛し、あらゆる紛争を国際法に従って平和的措置で解決するとともに、国際参入を進め、各国と力を合わせ、地域と世界の平和、安定の維持にあたることにあります。これらの内容は平和的な雰囲気で、国際社会に対する責任感を高め、紛争を解決するための方針です。」

このように語ったリック大臣は「ベトナム東部海域(南シナ海)に関し、同海域は大きな潜在力があり、複数の国が戦略的な利益を共有していることから、国際法を遵守し、責任と善意を持てば、この海域は平和、協力、発展の海域になる」と強調しました。

ご感想

他の情報