「経営パートナーシップの発展」シンポジウム

24日、南部ホーチミン市で、在ベトナムイタリア大使館はベトナム計画投資省の協力を得て、「経営パートナーシップの発展」と題するシンポジウムを行いました。このシンポジウムはイタリア政府の300万ユーロ相当の援助による中小工業団地発展プロジェクトの枠内にあります。同プロジェクトは紡績縫製、革靴、室内装飾木工製品の3つの分野、及びハノイ、フンイエン省、南部ホーチミン市などにある4箇所の工業団地を対象に、3年間にわたって、行われました。また、同プロジェクトはベトナムの中小企業の弱点とされている設計、製品開発、マーケティング、質的管理、技術、及び管理に集中しました。在ベトナムイタリア大使館のロレゾ・アンジェロニ大使は次のように語りました。

(テープ) Lorezo Angeloni

「3年にわたり、実施されてきたこのプロジェクトがいよいよ成就(じょうじゅ)しますが、掲げた目標を達成しました。また、ベトナムとイタリアの企業の連携、協力が強化されてきました。このプロジェクトにより、イタリアの多くの企業はベトナムへの投資と進出のチャンスを手にしました。協力と連携は相互尊重と互恵を基礎としています。ベトナムとイタリアの企業はともに発展するため、経験を交換しあいました。」

アンジェロニ大使はこのように語りました。

ご感想

他の情報