「総本山が国責任認めた」=群馬訴訟の弁護団事務局長-福島原発集団訴訟

(時事)東京電力福島第1原発事故の避難者訴訟で、国の責任を認めた福島地裁判決を受け、群馬県内の避難者が起こした同種訴訟の弁護団の関夕三郎事務局長は10日、「福島は全国で展開している訴訟の総本山。国の責任を認めた意義は極めて重い」とのコメントを出しました。
「総本山が国責任認めた」=群馬訴訟の弁護団事務局長-福島原発集団訴訟 - ảnh 1        (写真:ロイター)

(時事)東京電力福島第1原発事故の避難者訴訟で、国の責任を認めた福島地裁判決を受け、群馬県内の避難者が起こした同種訴訟の弁護団の関夕三郎事務局長は10日、「福島は全国で展開している訴訟の総本山。国の責任を認めた意義は極めて重い」とのコメントを出しました。3月の前橋地裁判決も国の責任を認定しました。
コメントでは「損害の評価に課題は残る」と指摘する一方、国の責任を否定した9月の千葉地裁判決に触れ、「福島判決は国と東電の怠慢という不正義を明確にした」と評価しました。

ご感想

他の情報