習国家主席、朝鮮に到着 中国主席の訪朝は14年ぶり

(VOVWORLD) -中国の習近平国家主席(共産党書記)は20日午前、北京から彭麗媛夫人を伴い2日間の日程で国賓としての朝鮮民主主義人民共和国訪問に出発しました。習主席の訪朝は就任以来初めてです。中国中央テレビが報じました。

朝鮮民主主義人民共和国の金正恩朝鮮労働党委員長は訪中の際、通常は列車を使用するが、習主席は航空機で朝鮮民主主義人民共和国へ向かいました。

中国中央テレビによりますと、習主席は11時40分に朝鮮民主主義人民共和国の平壌に到着しました。空港ではオーケストラのほか、歓迎の赤い横断幕を頭上に掲げた大勢の人が出迎えました。

なお今のところ、習主席を空港に出迎えに訪れた朝鮮民主主義人民共和国政府関係者の名前は明らかになっていません。

習国家主席の訪朝は中朝国交樹立から70年に合わせたもので、中国の国家主席の訪朝は14年ぶりです。

ご感想

他の情報