自衛隊がインドネシアで活動開始

【パル共同】インドネシア・スラウェシ島で起きた地震と津波の被災地支援で、航空自衛隊のC130輸送機が6日、被害の大きかった中スラウェシ州パルに到着しました。

国際緊急援助隊として同島の西にあるカリマンタン島から救援物資の輸送を開始しました。既に救援活動を始めている国もあり、国際社会による支援が本格化しました。

地震は9月28日に発生しました。被災地では住宅の倒壊などで7万人超が避難生活を余儀なくされています。水や食料、燃料といった生活必需品が足りず、場所によっては停電、断水が続いています。

関連ユース

ご感想

他の情報