英の新首相、EU離脱強硬派で組閣

(VOVWORLD) -24日に就任した英国のボリス・ジョンソン首相(55)が組閣人事に着手し、欧州連合(EU)からの主権回復を強く主張する離脱強硬派で主要閣僚ポストを固めました。反EU色の濃い新政権に対し、EU側が警戒を強めそうです。
英の新首相、EU離脱強硬派で組閣 - ảnh 1 (写真:AFP/ TTXVN)

ジョンソン氏は24日、首相官邸前での就任後の初演説で「(離脱期限の)10月31日にはEUから離脱する」と改めて明言しました。経済混乱が予測される「合意なき離脱」も辞さない姿勢のラーブ前EU離脱担当相を外相に、離脱強硬派の一人のパテル元国際開発相を内相に起用しました。財務相には、EU残留派から「合意なき離脱に備えるべきだ」との姿勢に転換したジャビド内相を充てました。バークレイEU離脱担当相は留任しました。

また2016年の国民投票時の離脱派キャンペーンのリーダー、ドミニク・カミングス氏が首相上席顧問に登用されました。

ご感想

他の情報