英・マンチェスターで追悼式典、爆破テロ事件から1年

(news.tbs.co.jp)イギリス北西部のマンチェスターで行われたコンサートで22人が犠牲になった爆発テロ事件から一年が経った22日、現地で追悼式典が開かれました。

この事件は去年5月22日、マンチェスター・アリーナでアメリカの人気歌手、アリアナ・グランデさんのコンサートが行われた際、突然、爆発が起き、観客ら22人が死亡したものです。実行犯のリビア系イギリス人の男も死亡し、過激派組織「イスラム国」系の通信社が犯行声明を出しましたが、未だに関連はわかっていません。

22日、マンチェスターの教会で行われた式典には、遺族をはじめ、メイ首相らが参列したほか、ウィリアム王子も「愛とは寛容であり、決してなくならない」と述べ、犠牲者を悼みました。また、アリアナ・グランデさんも、「あなたたちを愛しています。光とぬくもりを送ります」とコメントしました。

ご感想

他の情報