英メイ首相辞任へ 党首選が本格化

(NHK)イギリスのメイ首相がEU=ヨーロッパ連合からの離脱をめぐる混乱の責任を取って辞任を表明したことを受け、後任を選ぶ与党の党首選挙に離脱強硬派の閣僚経験者などが相次いで立候補を表明し、選挙にむけた動きが本格化しています。
英メイ首相辞任へ 党首選が本格化 - ảnh 1        (写真:AFP/TTXVN)

イギリスのメイ首相は24日、EU離脱をめぐる混乱の責任を取る形で来月7日に与党・保守党の党首を辞任し、翌週から後任を選ぶ党首選挙を始めると発表しました。

党首選にはボリス・ジョンソン前外相、エスター・マクベイ前雇用・年金相など離脱強硬派がいち早く名乗りをあげています。また、メイ首相を支えてきたハント外相も立候補する可能性が高いと述べました。

現地メディアは新しい首相が決まるのは7月になるとの見通しを示しており、新しい首相は、就任後、10月末の離脱期限までに離脱の道筋をつけることが求められています。

これについてメイ政権で閣外相をつとめたロバート・ハルフォン議員は、「後任の首相はEUと再交渉し新しい合意を取りまとめる必要がある」と述べ、EUに再交渉を求めるべきだとの見方を示しました。

また、「すでに十分延期しており、10月の期限は守らなければならない」と述べ再び離脱期限を延期することには否定的な考えを示しました。

EUは合意案の再交渉には応じないとしており、離脱をめぐる情勢は混迷の度合いを一層深めています。


ご感想

他の情報