英国の通商協定案にEU側「強く反対」 ブレグジット交渉

(VOVWORLD) - テリーザ・メイ英首相はこの日、7月にロンドン北西にある首相公式別荘「チェッカーズ」で閣内合意に至った提案で妥協することはないと話していました。

しかしバルニエ氏は、モノだけにEUの共通ルールを適用し、サービスは除外する「共通のルールブック」案に興味はないと一蹴しました。

バルニエ氏は過去にもこの案に批判的でしたが、同氏に近い情報筋はBBCに対し、ここまで強い非難を表明したのは初めてだと話しています。

これに対し英政府は、通商協定案は「正確かつ実用的」で、英国とEU双方で効果を上げるとしています。

英国とEUは10月までに交渉をまとめることで非公式に一致していますが、バルニエ氏はこれが11月半ばまで延びる可能性があると示唆しました。 (BBC)

ご感想

他の情報