英議会 EU離脱の延期めぐる採決へ

(NHK)イギリス議会は、EU=ヨーロッパ連合と何の取り決めもないまま離脱する「合意なき離脱」を回避することを支持しました。
英議会 EU離脱の延期めぐる採決へ - ảnh 1      (写真:AFP/TTXVN)

これを受けて14日、今度は離脱を延期するかどうか採決を行うことになり、その目的や延期したあとの離脱の戦略についてどのような議論が行われるかが焦点になります。

イギリス議会では、メイ首相がEUとの間で取りまとめた離脱協定案が否決されたことを受けて、13日(日本時間14日朝)、EUと何の取り決めもないまま離脱する「合意なき離脱」を回避するのかについて採決を行いました。

その結果、賛成321、反対278の賛成多数で「合意なき離脱」は回避されました。これによって、議会はEUとの離脱協定案も「合意なき離脱」もいずれも認めなかったことになり、14日(日本時間15日朝)、今度は、今月29日に迫る離脱をことし6月30日まで延期するかどうか採決を行うことになります。

ただ、なぜ延期が必要になるのかや、その後、どのように離脱をするのかは不透明なままで、採決に向けてどのような議論が行われるかが焦点になります。

また、議会で仮に離脱の延期も否決されれば、結果として「合意なき離脱」になる可能性もあり、イギリスのEU離脱の行方は一層混とんとしています。

ご感想

他の情報