英EU離脱交渉、8週間以内に合意可能=バルニエ首席交渉官

[ロイター] - イギリスのEU=欧州連合離脱(ブレグジット)を巡り、EUのバルニエ首席交渉官は10日、双方の交渉官が現実的になれば、向こう6─8週間で合意にこぎつけられるとの見方を示しました。

バルニエ氏はスロベニアで開かれているフォーラムで「双方が現実的になれば、第1段階の交渉について向こう6─8週間以内に合意が得られると考えている」と指摘しました。「11月初めまでには合意する必要がある」とし、「これは可能だと考えている」と述べました。

バルニエ氏の発言を受け、英ポンドは対ドルでGBP=一時約1%高の1.3052ドルと5週間ぶりの高値を付けたほか、対ユーロEURGBP=D3でも上昇し、88.96ペンスと、約1カ月ぶりの高値を付けました。

こうした中、外交筋によりますとEUは11月中旬にブレグジットを巡る臨時首脳会議を開く公算が大きくなっています。主にアイルランド国境問題で交渉が難航していることから、10月18─19日に予定されている定例会議には間に合わない見方が濃厚となっており、来週18日にブリュッセルで開かれる閣僚会議で臨時首脳会議の開催について協議される可能性があります。

ご感想

他の情報