英・EU、ブレグジットめぐり「法的拘束力ある変更」で合意

【AFP】テリーザ・メイ英首相は11日、英国のEU離脱をめぐり仏ストラスブールでEU=欧州連合高官らと会談し、「法的拘束力のある変更」で合意したと明らかにしました。
英・EU、ブレグジットめぐり「法的拘束力ある変更」で合意 - ảnh 1       (写真:AFP/TTXVN)

新提案を英議会で可決させ、EU離脱による大混乱の回避を目指します。

メイ首相は離脱合意をめぐる12日の英議会採決を前に、欧州委員会のジャンクロード・ユンケル委員長および、ミシェル・バルニエ首席交渉官と、合意を救うための土壇場の交渉を行いました。今月29日に予定されているEU離脱へは秒読み状態に入っています。

会談後、メイ首相は記者団に対し「本日われわれは法的拘束力を伴う変更を確保した」と述べ、「力を合わせてこの改善された離脱協定案を推進し、英国民が望む離脱を実現する時が来た」と表明しました。

英下院は1月、協定案を反対多数で否決し、12日の採決も意味のある変更がないまま同じことが繰り返されると予想されていました。

メイ首相の発表に先立ち、メイ政権の事実上のナンバー2、デービッド・リディントンランカスター公領尚書は、イギリスとEUが合意した今回の共同文書には英・アイルランド国境を閉ざさないためのいわゆる「バックストップ」計画も含まれていると明らかにしていました。

ご感想

他の情報