行政手続改革諮問評議会会議

(VOVWORLD) - 行政手続改革諮問評議会は、効果的に活動し、政府と企業を結び付ける懸け橋としての役割を立派に果たしていると評価されています。

15日、ハノイで、行政手続改革諮問評議会は会議を行い、2019年の任務実施について討議しました。席上、チュオン・ホア・ビン副首相は、「2019年は、2016∼2020年期の5カ年計画の実施プロセスに突破口を切り開く年である」と再確認するとともに、参加者らに対し、企業の生産経営活動に影響を与える問題を集中的に討議するよう要請しました。

ビン副首相は次のように語りました。

(テープ)

「評議会のメンバーらは、体制、政策、行政手続きに意見を寄せる必要があります。また、法律、政策の実施効能性についても分析します。これは政策・法律の効果向上に貢献します。」

なお、行政手続改革諮問評議会は、効果的に活動し、政府と企業を結び付ける懸け橋としての役割を立派に果たしていると評価されています。

ご感想

他の情報