衛星製造技術のマスターに取り組むベトナム

(VOV-WORLD) -マイクロドラゴンは 縦・横・高さがいずれも50cmの立方体で、日本人教授の指導を受けながら、ベトナム人技術者らが設計・製造しています。
衛星製造技術のマスターに取り組むベトナム - ảnh 1 ベトナム国家衛星センターのネットワークシステム

ベトナム国家衛星センターによりますと、ベトナム製の重さ50kgの超小型衛星「マイクロドラゴン(MicroDragon)」が、2018年に打ち上げられる予定です。

マイクロドラゴンは 縦・横・高さがいずれも50cmの立方体で、日本人教授の指導を受けながら、ベトナム人技術者らが設計・製造しています。マイクロドラゴンは海域観測衛星で、水質の評価や水産資源の位置の特定、海域で生じる現象の観察などを行って、水産業の発展に役立つことを目的としています。

ベトナムは国産人工衛星としては、2016年に重さ10kgの「ナノドラゴン(NanoDragon)」を打ち上げており、2020年に重さ500kgの「ロータサット-2(LOTUSat-2)」の打ち上げが予定されています。

                                                                                                                              (viet-jo)


ご感想

他の情報