西南部で「チュオンボンの火の花」歌劇が公演

(VOVWORLD) - 3回にわたり、ホーチミン市で公演された「チュオンボンの火の花」という歌劇は27日夜、南部ロンアン省のカイルオン芸術団の劇場で公演され、VOV=ベトナムの声放送局のグェン・テー・キー総裁が見に行きました。
西南部で「チュオンボンの火の花」歌劇が公演 - ảnh 1

 グェン・テー・キー総裁は「チュオンボンの火の花」という歌劇の脚本を執筆しました。この歌劇はかつての抗米救国闘争で国の独立と自由を勝ち取るための闘争に犠牲になった中部ゲアン省チュオンボン地区の13名の青年突撃隊隊員をたたえるものです。

 当時、南部戦場に赴く輸送車を妨害する為に、アメリカ軍は、南部へ繋がる唯一の道路であったチュオンボン坂に爆弾を投下しました。しかし、これらの輸送車が途絶えることなく進行できるように、若い突撃隊たちは、爆弾で破壊された道路の陥没(かんぼつ)や穴の補修任務を担いました。1968年10月31日に、18歳から22歳までの女性12人と男性2人の14人はチュオンボン坂の路面補修工事に当たっている時、突然、アメリカ軍による連続爆弾の投下を受け、13人が犠牲になった惨事です。

「チュオンボンの火の花」歌劇を観たロンアン省の国境警備部隊の兵士グェン・バン・リン( Nguyen Van Linh) さんは次のように語りました。

(テープ)

「このような歌劇を通じて、若者たちがベトナムの輝かしい歴史を理解できるようになります。この歌劇は困難をものともせずに、いつも、楽観的に生活していた人々を物語っています。「チュオンボンの火の花」歌劇を見て、国の独立と自由を勝ち取る闘争で犠牲になった人々に感謝の気持ちを持っています」

現在、13人の青年突撃隊が犠牲になった地名「チュオンボン」は、歴史的地区となっています。

ご感想

他の情報