西日本豪雨、死者90人に 不明者捜索続く

(VOVWORLD) - 京都府や岐阜、高知両県でも犠牲者が確認され、およそ90人が死亡、50人以上の安否が不明となっています。
西日本豪雨、死者90人に 不明者捜索続く - ảnh 1 写真:EPA・VNA

西日本を中心に大きな被害をもたらしている記録的な豪雨で広島、岡山、愛媛の各県などでは8日、安否不明者の捜索活動や孤立状態の住民の救出活動が続けられました。岡山県倉敷市真備町では川の堤防が決壊し、広範囲で水没しました。京都府や岐阜、高知両県でも犠牲者が確認され、およぼ90人が死亡、50人以上の安否が不明となっています。

大雨特別警報の発表対象は計11府県に上ったが、8日午後3時までにすべて解除されました。特別警報が発表されなかった地域も含め土砂災害が多発しており、気象庁は引き続き厳重に警戒するよう呼び掛けています。

総務省消防庁によりますと、8日午後3時時点で20府県の避難所に計3万250人が身を寄せています。

避難指示・勧告の対象は19府県の260万世帯、計590万人にのぼりました。避難所ではない施設や親戚宅に逃げている人のほか、道路が冠水して自宅に取り残された人も多いとみられます。

午後3時時点の全半壊や床上・床下浸水などの住宅被害は、愛媛県1033棟、福岡県981棟、岡山県588棟、広島県443棟など。被害の全容は分かっておらず、さらに増える見通しです。(日経)

ご感想

他の情報