観光総局、カンボジアでの観光振興活動を促進

(VOVWORLD) - これまで、ベトナムとカンボジアは観光協力に関する複数の文書を締結しました。
観光総局、カンボジアでの観光振興活動を促進 - ảnh 1        (写真 :TTXVN)

29日、カンボジアの首都プノンペンで、観光総局は、カンボジア観光省や、カンボジア駐在ベトナム大使館と連携して、カンボジアでの観光振興プログラムをスタートさせました。

このプログラムは両国の国交樹立50周年記念活動の一環として行われ、両国の旅行会社の協力強化を目指すものです。

開幕式で、観光総局のハ・バン・シェウ副総局長は、「これまで、ベトナムとカンボジアは観光協力に関する複数の文書を締結し、中でも、1995年の観光協力協定や、2015年の観光協力覚書などがある。また、両国は隣国同士であることから、観光客交換のため、有利な条件に恵まれている。これらは両国が観光協力を促進するため基礎となっている」と明らかにしました。

一方、カンボジア観光省のトン・コン大臣は、両国間の観光協力の潜在力を高く評価するとともに、「現在、カンボジア政府は自国とタイや、ベトナムの観光地と結び付けるため、複数のプロジェクトを行っている。その中で、ベトナムのキェンザン省に隣接するカムポット港がある。この港はカンボジアとベトナムのフーコック島や、南部各省との観光協力の強化に貢献する」と明らかにしました。

ご感想

他の情報