解放前のサイゴンに関する記録映画を公開


解放前のサイゴンに関する記録映画を公開 - ảnh 1
サイゴン解放を題材にした映画(写真:VietNamnet)

 
先頃、ベトナム国家公文書保管局は外国が制作したドキュメンタリー映画2本を公表しました。これらは「ベトナム・30日間のサイゴンの滞在」と「レーニン主席の国におけるホーチミン」です。

「ベトナム・30日間のサイゴンに滞在」という映画はフランス人のジャン・ピエール モスカードが監督し、1975年に制作されたものです。この映画の原盤はフランス国立映画センターで保管されています。映画はベトナム戦争の最後の日々、南ベトナム臨時革命政府の最初の日々にあるサイゴンの姿を物語るものです。

一方、「レーニン主席の国におけるホーチミン」という映画はロシア中央時事・ドキュメンタリー映画制作会社が1976年に制作したもので、ベトナム社会主義共和国の設立、ベトナムと旧ソ連との関係の構築と発展の道のりを物語るものです。この2つの映画は4月30日の南部完全解放祖国統一記念日と5月1日のメーデーにあたり上映される予定です。

ご感想

他の情報