「責任のある観光ツアーと文化遺産」に関するシンポ

3日、ハノイで、観光総局は、EU=欧州連合が実施している「環境と社会に責任のある観光開発プログラム」の協力を得て、「責任のある観光ツアーと文化遺産」と題するシンポジウムを開催しました。

「責任のある観光ツアーと文化遺産」に関するシンポ - ảnh 1
古都フエの城跡

席上、参加者らは、観光発展と社会に対する文化遺産の重要な役割を強調しました。

また、観光発展と文化遺産保護を両立させる観光モデルや、観光振興、文化遺産保存におけるPPP=官民連携方式、管理機関の能力向上のための方策、環境汚染防止対策、観光開発における国際協力強化策などを提案しました。

 

ご感想

他の情報