越・カナダ国交樹立40周年記念活動

21日夜、ハノイでベトナム外務省とベトナム友好諸組織連合会は8月21日のベトナムとカナダの外交関係樹立40周年を記念して、「ベトナム・カナダ友好集い」というイベントを共催しました。

席上、ブー・バン・ニン副首相は「カナダはベトナム和平に関する1954年のジュネーブ協定と1973年のパリ協定国際監視委員会に参加したことで、ベトナムの平和回復事業に大きく貢献した」と強調するとともに、「これは両国の友好と協力関係の強化、発展に前提をつくり、地域の平和、安定、発展の維持に貢献してきた」との見解を示し、次のように語りました。

(テープ)

「ベトナムは常にカナダとの関係を重視しており、カナダがベトナムを含め東アジアとアジア太平洋地域に積極的な貢献をしていることを歓迎します。ベトナムが国際社会への参入を進めている背景の中で、両国が友好協力関係を自らの潜在力に見合う新たな段階に押し上げるよう希望します。」


越・カナダ国交樹立40周年記念活動 - ảnh 1
式典に参列しているニン副首相(左)とカナダのチャシス大使(しゃしん:Nhandan)

一方、在ベトナムカナダ大使館のデボラ・チャシス大使は「ベトナムとカナダは経済、貿易、投資、草の根外交、教育などの分野で緊密に協力している」と強調した上で、教育協力に触れ、次のように述べました。

(テープ)

「カナダへの留学はベトナム学生にとってカナダへの理解を深めるだけでなく、今後、両国の協力関係の強化に寄与するチャンスでもあります。現在、カナダに在住しているベトナム人は25万人を超え、カナダの発展に小さくない貢献をしてきました。」

現在、カナダはベトナムの投資国の中で第14位に立っています。また、カナダはベトナム、及びアジア太平洋諸国とともに、TPP=環太平洋経済連携協定の交渉に参加しています。

ご感想

他の情報