越中の共同コミュニケの主な内容


中国の習近平共産党総書記兼国家主席の招きに応え、ベトナムのグエン・フー・チョン共産党書記長は7日から10日にかけて中国公式訪問を行なっています。

訪問期間中、チョン書記長は習近平国家主席と会談したほか、李克強首相をはじめ中国の指導者らと会見しました。

これらの会談と会見で、双方は「今回の訪問が成功を収め、両国国民の利益、地域と世界の平和、安定に向けて、両国の健全な発展事業に寄与した」ことで一致しました。

ベトナム・中国国交樹立65周年記念日に当たり、ベトナムと中国は「善隣友好、全面協力、長期安定、未来志向」という方針や、「よき隣国、よき友人、よき同志、よきパートナー」という精神に従って、両国関係を促進していきます。

双方は、海上問題についても率直に話し合い、両国の党と政府の指導部が達成した共通認識や海上問題解決のための基本的な原則の遵守の重要性を強調しました。また、情勢の複雑化や、紛争拡大などを避けるために、DOC=海上行動宣言を尊重しながら、COC=行動規範を早期作成する必要があります。双方は、国連や、APEC、ASEANなど国際条理で協力を強化していくことでも一致しました。

チョン書記長の訪問に当たり、双方は「2016~2020年期におけるベトナム共産党と中国共産党の協力計画」や、「バクボ湾(トンキン湾)での石油ガス調査プロジェクトに対する税金問題に関する合意書」、「両国国防省の覚書」、「ベトナム国家銀行と中国中央銀行の作業グループ」、「VTV=ベトナムテレビ局と中国中央テレビ局の協力に関する覚書などの協力文書を締結しました。

チョン書記長は、中国の党、政府、国民の温かいお気持ちに謝意を示し、習国家主席に対し、できるだけ早くベトナムを訪問するよう招きました。習主席はその招きを受入れ、謝意を表明しました。

 

ご感想

他の情報