越・仏 スマートシティ協力フォーラムを開催

(VOVWORLD) - ホーチミン市は2025年までのスマートシティづくり計画と2030年までのビジョンを展開しています。
越・仏 スマートシティ協力フォーラムを開催 - ảnh 1 フォーラムの様子

4日、ホーチミン市で、フランス貿易投資庁は在ホーチミン市フランス総領事館と協力して、「ベトナムとフランス・スマートシティに協力」と題するフォーラムを行いました。フォーラムには、都市部の建築・交通・エネルギー・廃棄物・上下水道などの文化に関わる両国の管理者・専門家・企業の代表などが参加しました。

フォーラムで発言にたったホーチミン市人民委員会のチャン・ヴィン・トゥエン副委員長は、同市は2025年までのスマートシティづくり計画と2030年までのビジョンを展開していると明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「2020年をめどに、市民の交通安全、教育、健康増進などを目指すサービスを提供するという目標を実現させるために全力を尽くしております。」

フォーラムで、フランスの専門家らはスマートシティづくりに関するフランスの経験を紹介しました。そして、フランスの企業はベトナムの関連省庁や企業と接触して協力チャンスを探りました。

なお、フォーラムを機に、ホーチミン市人民委員会とフランス総領事館は、大気の質を向上させるための協力覚書に調印しました。

関連ユース

ご感想

他の情報